TIMEKEEPERのバナー

小栗時計(小栗富次郎)

1. 小栗時計 概略

当時の貴族院議員小栗富次郎が尾張半田(半田市)で米国ウオーターベリーのボンボン時計をモデルとして製造していたが、 明治38年名古屋長谷川与吉に譲渡して東陽町に移転させハートH精工所となった。
明治30年に創業し、明治30年代に活躍した工場である。
横浜商館ジャーデン・マゼソン商社代理店名古屋市大船町三丁目 小栗商店の時計製造部門である。

2. 八吋小花

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
小栗時計
(名古屋)
明治30年代(推定) 文字板八吋
全高49cm
八日持 打方付
ペイント文字板

小型の花と呼ばれるボンボンで絵ガラスには石版の少女の絵が貼って有ります。
振り子室黒ラベルには下記の文字と商標のおむすび?マークが入っています。

Maker of
PENDULUM CLOCKS
OGURI
HANDA
OWARI JAPAN

機械と文字板の商標

機械は刻印ナシ

文字板の商標

機械、ボン針台、などには刻印なし。箱裏にはシール無し。
ペイント文字板には三角の中に●上に一本棒の商標とTRADE MARKの文字。 6時の上にはMade in Japan

振子と捲き鍵

振子と捲き鍵

振り子は輪郭の丸い名古屋もの独特のものですが、商標の三角マークが浮き出しになった振り子も有ります。

PR




1 / 2 / ・ 次頁右向きの矢印