TIMEKEEPERのバナー

愛工舎

1. 愛工舎

愛工舎の創立者早川鉦太郎は明治21年8月1日名古屋生まれで(昭和19年没)、明治37年姉婿佐藤展成の経営する佐藤時計製造所に入る。 ここで時計製造技術を習得したが昭和6年乞われて掛時計工場、敏工舎の創立に関わった。 此処は経営困難から昭和8年に解散したため、昭和9年東区赤萩町に愛工舎時計製造所を創設して独立した。 過去に2つの工場の閉鎖を目の当たりにしているため堅実な発展に努め昭和16年には東区水筒先町4丁目に分工場を設置して、 時計の製造を此処に移して従来の工場は軍需品の専門工場として運営するようになった。

戦後は分工場の時計製造工場が被災を免れたので比較的早く復興する事が出来た。 昭和26年には改組して愛工舎時計製造株式会社とし発展した。

出典 名古屋時計業界沿革史、昭和28年刊

PR




本記事はこの頁だけです。