TIMEKEEPERのバナー

三工舎

1. 三工舎の略歴

三工舎は大正5年4月三浦虎子太郎が出資、大橋美刀之助を代表社員として名古屋市中区御器所町鳥喰で合資会社三工舎を設立。
三方置時計、金庫時計、天府振人形振等の変り形の時計やボンボン時計を生産した。
7年大橋が独立して天府振の製造を始めたので(赤ボール印、大橋時計)その後三浦が経営。
昭和19年虎子太郎没後、孫の常雄が継いだが終戦後は中区伊勢山町に移転、株式会社に改組。
昭和27年3月に工場を飛球時計製造株式会社(佐藤光治)に売却解散。
トレードマークはエスケイ印。

三工舎を代表する三方置時計

この時計はリプロ(現代の複製品)がたくさん出まわっていますので間違わないように気をつけてください。

PR




本記事はこの頁だけです。