TIMEKEEPERのバナー

渋谷時計製造所

1. 八角合長(WATERBURY の機械)

文字板の商標

ウォーターベリーの商標

メーカー 製造年代 大きさ 仕様・備考
渋谷時計(しぶたにとけい)製造所
(大阪府西成郡今宮村)
明治24〜30年代頃 文字板七吋半 (米)WATERBURY製八日持機械、打方付

明治24年9月に渋谷史春(しぶたにふみはる)氏が大阪今宮村に設立した渋谷時計製造所は、 国産時計産業の生誕期に舶来時計の部品を使って掛時計の組立・製造販売を行った会社といわれています。

この時計は、機械・振子・鈴・文字板・外箱など時計の部品総てが(米)ウォーターベリー製であり、 渋谷時計であることを主張するのは唯一、振子室ラベルのみです。 文字板の商標は渋谷時計の商標のついたものもあるようですが、この時計はウォーターベリーの商標そのものです。

この時計を見る限り、やはり渋谷時計はすべての部品を輸入し、組立てのみ国内で行っていたと言えそうですが、 ☆にCSマークの刻印のある機械の存在も確認していますので、機械の製造をしていた可能性も否定できず、 今後の研究課題です。

振子室ラベル

WARRANTED
The Highest Class of Skilled Work
SELECTED MOVEMENT
AND
Finest Frame
TRADE 星CSマーク MARK
REG.(マークの下、registeredの略と思われる)
None Genuine Without
Initial "C.S" on (最初の「i」が欠落か消えている)
Each Clock

WATERBURY製の機械

振子とボン針台

振子と巻き鍵

(巻き鍵はオリジナルではないでしょう)

ボン針台

WATERBURY CLOCK COと浮き文字有り

PR




1 / 2 / ・ 次頁右向きの矢印